今では風俗のお仕事を楽しんでいます

元々風俗には抵抗をあまり感じていなかったので、本番行為が無いのなら続けられると思いました。

風俗は本番は風営法で一切禁止しているので安心です。

デリヘルか性感マッサージなら自分的には大丈夫だと思い、アルバイト雑誌で大阪で高時給のデリヘルの求人を探していました。

見ているとソープなどはもっと高時給でしたが、まだ何も仕事をしたことが無いので、大阪のデリヘルの求人を見つけ、アルバイトの面接を受けることにしました。

お店で面接を受けると、スタッフと先輩のデリヘル嬢の女の子が内容を教えてくれました。

デリヘルはソープなどで感じていた風俗とは違う内容で、始める前から少し安心しました。

次の日から働くことになり、さっそくお客さんの家に行くことになりました。

どんな人だろうと思って少し不安でしたが、23歳という若いお客さんで、いたって普通の人だったので少しホッとしました。

最初シャワーを浴びましたが、お客さんは何回か利用している人で、慣れている感じで嫌な感じはしませんでした。

そしてベッドに座ると、いきなりは始めずに少しお話しました。

意外と普段の会話をするだけでもお客さんは喜んでくれて、少しリラックスできました。

標準コースのお客さんでしたが、私は初入店だということは知っているので、最初から激しいことは求めてきません。

でも後日、デリヘルでは最後までサービスしてもそれほど激しくはならないことを知りました。

お客さんは恋人関係のようなサービスを求めてくるので、私もエッチなこと以外の方がその気になれました。

もちろんエッチなことはするのですが、お客さんはあくまで女性のことを優しく扱ってくれるので、自然にサービスすることが出来たと思います。

今ではデリヘルにも慣れ、このお仕事で高時給をもらえることに満足しています。

お金を貯められるこの仕事をこれからも続けたいと思います。