水商売で働いていた人はデートクラブに対する抵抗感がない

 デートクラブに対してあまり抵抗のない女性とはいったいどんな女性でしょうか。デートクラブというとデートによって収入を得るという形態になじみがないので、どうしても色眼鏡でとらえてしまいがちです。本来はそこまでおかしな話ではないのですが、それなりに先入観があるのではないかと思います。ただし、すべての女性がそうと決まっているわけではありません。たとえば、もともと水商売で働いていた人などは、まったく抵抗がなくデートクラブでの活動を始められるはずです。

 仮に元キャバクラ嬢だったらどうでしょうか。キャバクラ嬢時代に男性と接することがお金になるという感覚を得ているわけですから、デートクラブに対しては何の抵抗感もなくて当たり前です。水商売の活動をしていれば、男性と一緒にいることがそれなりに価値のあることだという認識がしっかりと備わります。

 そうした認識が備わっていれば、関西大阪あたりでデートクラブの高収入求人が出ていたとき、とても敏感に反応することができます。キャバクラに比べたら利用する日数も少なくて大丈夫でし、ほとんどの元キャバクラ嬢は楽だと感じるのではないでしょうか。

 関西大阪あたりで出されている高収入求人は元キャバクラ嬢にとってとても魅力的な求人に見えるでしょうし、デートクラブでお金を稼ぐことに対してとてもアグレッシブになれると思います。ですので、デートクラブに対して水商売の活動をしていた女性はすんなりと受け入れられるはずです。